動画編集ソフトの「Filmora動画編集プロ」の便利な使い方を解説しています。

動画で学ぶ:Filmora動画編集プロの使い方

レビュー:★★☆☆

 

 

《ここがオススメ》

Filmora動画編集プロの各機能の使い方を

わかりやすく解説されているのでオススメです。

 

 

《この動画の要約》

・「Filmora動画編集プロ」の使い方の説明。

・「Filmora動画編集プロ」は簡単に動画や写真を埋め込むことができる。

 

【素材を読み込む】

・エクスプローラーを開いて、写真や動画をドラッグ&ドロップする。

・その素材を今度はタイムライン上にドラッグ&ドロップする。

・素材をダブルクリックするとバロメーターを変更することができる。

 

【フィルターをかける】

・「フィルター」をクリックする。

・様々なフィルターが表示されるので、

 好きなものを選択してタイムライン上にドラッグ&ドロップする。

 

【オーバーレイをかける】

・「オーバーレイ」をクリックして、

 好きなものを選択してタイムライン上にドラッグ&ドロップする。

 

【エレメント】

・「エレメント」をクリックして、

 素材をタイムライン上にドラッグ&ドロップする。

・アニメーションが自動的に生成されるので、

 簡単で高品質な物を作るのに重宝する。

 

【テキスト・クレジット】

・「テキスト・クレジット」をクリックして、

Sponsored Link

 好きなものを選択してタイムライン上にドラッグ&ドロップする。

・読み込んだ素材をダブルクリックして文字を編集する。

 

【分割表示】

・分割表示とは、画面を2つや3つに分割して表示すること。

・「分割表示」をクリックする。

・素材を選びタイムライン上にドラッグ&ドロップする。

・2分割の場合はドロップゾーン1、ドロップゾーン2と出てくるので、

 そこに画像をドラッグ&ドロップする。

・枠線を消すこともできる。

 

【ストーリーボード】

・ストーリーボードとは動画を紙芝居風に編集できる機能のこと。

 

【手ブレ補正】

・ファイルを右クリックして、「手ぶれ補正」を選択する。

・「手ぶれ補正」をクリックする。

 

【逆再生】

・動画素材をダブルクリックする。

・「ビデオクリップを逆再生」に✔を入れる。

 

【画面のキャプチャー】

・画面上部の「録画」をクリックして、

「コンピュータスクリーンを録画」を選択する。

・「フルスクリーン」などを選択する。

・「詳細制定」を開くと、

「保存先」「フレームレート」などが設定できる。

・RECをクリックすると録音が開始される。

 

 

《一言》

Filmora動画編集プロは簡単で便利な編集ソフトですが、

無料版は動画全体に「Filmora」の透かしが入ってしまいます。

お試しで使ってみて本格的に利用したいと思ったら、

有料版を購入すると良いでしょう。

(年間更新ライセンス5,980円、永久ライセンス6,780円)