ASPとは何か?アフィリエイト広告の仕組みを解説しています。

動画で学ぶ:ASPとは何か?アフィリエイト広告の仕組みを解説

レビュー:★★☆☆

 

 

《ここがオススメ》

各ASPによる違いなどアフィリエイト広告の仕組みを

解説されているのでオススメです。

 

 

《この動画の要約》

ASPについての説明。

 

【ASPとは】

・アフィリエイト・サービス・プロバイダーの略。

・ネット上の広告代理店で、広告主とアフィリエイターの仲介業者。

・広告主は自社の商品を広めるために、

 ASPに広告費を支払い案件を登録する。

・アフィリエイターはASPに登録してある案件を選び、

 サイトやブログに広告を掲載してお客さんに紹介する。

・アフィリエイトするにはまずASPに登録する。

・様々なASPが存在し、色々なアフィリエイト広告を扱っているので、

 ASPに登録して自分が使いたい広告を選択する。

Sponsored Link

 

【ASPによる違い】

・各ASPによって扱っているジャンルや案件が異なる。

 例:商品(物販)、サービス(クレジットカード)

・提携企業数(案件の数)が異なる。

・審査の有無。

 審査を通過しないと案件を扱えないところもある。

・報酬の支払い基準や支払日が異なる。

・ASPを選ぶ際にしっかりと確認することが大切。(特に報酬に関して)

 

【有名なASP】

・楽天アフィリエイト

・Amazonアソシエイト

→主に物販の案件を扱っている。

・Googleアドセンス

→クリック保証型の広告を扱っている。

・A8.net

・バリューコマース

→商品の他にサービスの案件も扱っている。

・インフォトップ

→主に情報商材(デジタルコンテンツ)を扱っている。

 

 

《一言》

ASPは他にもたくさんの種類があります。

アフィリエイトを始めたい方は各ASPをよく確認して、

登録できるならすべてのASPに登録しておきましょう。

同じ案件が別のASPでも扱われていることがあり、

それぞれ報酬額が違う事があるのでしっかり確認してください。