YOUTUBE相互チャンネル登録は禁止です。

スパム扱いになる理由を解説しています。

動画で学ぶ:YOUTUBE相互チャンネル登録禁止、スパム扱いの理由

レビュー:★★★☆

 

 

《ここがオススメ》

YOUTUBE相互チャンネル登録をすることがなぜスパム行為になるのかという

理由がわかるのでオススメです。

 

 

《この動画の要約》

【相互チャンネル登録がスパム扱いの理由】

・YOUTUBEを運営しているGoogle、動画の投稿者、視聴者、広告主がいる。

・GoogleはYOUTUBEを全員が幸せになるようなサイトにしたいと考えている。

・投稿者同士が相互チャンネル登録をする事によって、

 広告主は直接的に、YOUTUBEは間接的に損害を被ることになる。

 

【広告主とYOUTUBEが損害を被る理由】

・投稿者同士の動画に関連性がないため。

・例:髪の毛のセットについての動画をアップしている人が

 ランダムに相互チャンネル登録をすると、

 髪の毛のセットに関係ない動画をアップしている投稿者たちと結びつく。

・髪の毛に関連する広告主がついているのに、

 髪の毛に興味がない人たちも視聴することになる。

Sponsored Link

・一番たちが悪いのがお互いの広告をクリックしあう人たちがいること。

・これは、広告主からすると無駄な広告費がかかることになる。

・広告主はYOUTUBEにとっては大事な顧客なので、

 顧客が損害を被る行為をしている投稿者を野放しにしておくわけにいかない。

 

【相互登録全てが悪いわけではない】

・友達同士で相互登録する分には良いが、再生回数を意図的に上げ、

 広告主から意図的にお金を取ろうとする行為がいけない。

・損害を被った広告主がYOUTUBEに不信感を抱き広告を出すのをやめると、

 顧客が減ることになる。

 

【まとめ】

・YOUTUBEが相互チャンネル登録をしている投稿者を排除したいのは、

 全員がハッピーになる健全な方法で利用してほしいため。

・自分の利益を目的とした相互チャンネル登録は害でしかない。

 

 

《一言》

自分の利益だけを追求するような勝手な行為はやめましょう。

知らず知らず規約違反をしていることになりかねないので注意してください。

相互チャンネル登録は規約で禁止されていて、

不正行為のあるアカウントはペナルティを科すと明記されています。

参照⇒「YOUTUBEヘルプ」