YOUTUBEの需要があるジャンルと動画のリサーチ方法を解説しています。

動画で学ぶ:YOUTUBEの需要があるジャンルと動画のリサーチ方法

レビュー:★★☆☆

 

 

《ここがオススメ》

2ちゃんねるとYOUTUBEの両方で需要があるジャンルの調べ方と、

動画やチャンネルをリサーチする方法がわかるのでオススメです。

 

 

《この動画の要約》

・2ちゃんねるで需要があってもYOUTUBEでは需要がないものもあるので、

 市場リサーチをする。

⇒参照:

「YOUTUBEでどんな動画を作れば稼げる?2ちゃんねるでリサーチする方法」

 

【手順】

・「政治」「韓国」など2ちゃんねるで人気がある物を検索し、

「フィルタ」で視聴回数順に並べ替える。

・再生回数とアップロード日を見る。(再生回数が多くても古い動画だとダメ)

・テレビの音声抜き出し、強烈なタイトル+強烈なサムネイル+ラジオ音声

Sponsored Link

・今度は「フィルタ」でチャンネルを調べる。

・登録者が5000人以上のチャンネルがそこそこあれば需要があると判断する。

・その中から人気チャンネルを見ていく。

・動画数、更新頻度などを見て、なぜそのチャンネルが人気なのか考察する。

・また、人気チャンネルと同じような動画数で登録者が少ないチャンネルを見て、

 違いはどこにあるのかを調べる。(「概要」など)

・リサーチは面倒くさい作業だが、やらないとチャンネルが育たない。

・上手くいっているチャンネルはなぜ上手くいっているのか、

 上手くいっていないチャンネルはなぜ上手くいっていないのか仮説を立てる。

・それから自分のチャンネル方向性を決めて実践し、PDCAサイクルを回す。

 

 

《一言》

2ちゃんねると同様にYOUTUBEでも人気があるのかをきちんと調べましょう。

YOUTUBEで需要がないようなら動画を作っても意味がありません。

そして需要があるとわかってもいきなり動画を作ることはせずに、

しっかりライバルの動画やチャンネルをリサーチしてから作っていきましょう。