Google XML Sitemapsでサイトマップを送信する方法を

解説しています。

動画で学ぶ:Google XML Sitemapsでサイトマップを送信する方法

レビュー:★★★☆

 

 

《ここがオススメ》

Googleにサイトマップを送信する方法がわかるのでオススメです。

 

 

《この動画の要約》

サイトマップ送信の方法を説明。

 

【サイトマップをなぜGoogleに送信するのか】

・自分のサイトの構造をGoogleに伝えることによって、

 Googleのクローラーが来た時に

 スムーズにサイトの中を回遊してくれる。

・インデックスのスピードが早まるというメリットがある。

 

【サイトマップ送信の手順】

<プラグインを追加する>

・ワードプレスのダッシュボードから「プラグイン」を選択する。

・「Google XML Sitemaps」をインストールして有効化する。

Sponsored Link

・「設定」に「XML-Sitemap」が追加されるのでクリックする。

・サイトマップ自体は作ったがまだGoogleに送信していないので、

 送信の設定をする。

 

<サイトマップ送信設定>

・「Sitemap.xml」の部分だけをコピーする。

・サーチコンソールの「クロール」をクリックする。

※サーチコンソールの登録方法↓

参照:「Googleサーチコンソールの登録方法とリスクについて」

・「サイトマップ」をクリックする。

・「サイトマップ追加テスト」をクリックする。

・空欄に先ほどコピーした「Sitemap.xml」を貼りつけて、

「送信」をクリックする。

・「このサイトのサイトマップは見つかりませんでした」と出るが、

 しばらく経つと反映される。

 

 

《一言》

サイトマップを送信することによって、

クローラー(ロボット)がサイトを巡回してくる頻度が上がります。

上位表示されるためには、Google XML Sitemapsをインストールして

サイトマップを送信するようにしましょう。