BackWPupを使って、WordPressのバックアップを

簡単にとる方法を解説しています。

動画で学ぶ:WordPressのバックアップを簡単にとる方法

レビュー:★★★☆

 

 

《ここがオススメ》

簡単なバックアップ方法が、わかりやすく説明されているのでオススメです。

 

 

《この動画の要約》

・BackWPupの設定方法の説明。

・WordPressのバックアップをしっかり取ることが大切。

・それを簡単に設定できるのがBackWPupというプラグイン。

 

【バックアップの設定】

・「データファイルの自動バックアップ」と「データベースの自動バックアップ」

・この2つがないとサイトは復元しない。

・その他、手動でバックアップする方法がある。

 

【データファイルのバックアップ】

・BackWPupをインストールして有効化する。

・「新規ジョブを追加」をクリックする。

・ジョブ名はわかりやすい名前を付ける。

・「ファイルのバックアップ」に✔を入れる。

・バックアップファイルの作成の「アーカイブ形式」は、

 windowsを使っている人はzip形式を選択。

 macを使っている人はTar GZipを選択。

・ジョブの転送先は「フォルダにバックアップ」を選択。

(その下はデフォルトでOK。)

・「ジョブの開始方法」は「WordPressのcron」を選択。

・「スケジューラタイプ」は基本を選択。

・「スケジューラ」は毎週を選択。

(時間は、なるべく人が少ない時間のほうが良い。)

・「宛先:フォルダ」はわかりやすい名前を付ける。

・設定が完了したら「変更を保存」をクリックする。

Sponsored Link

・「今すぐ実行」をクリックして100%になれば完了。

・「バックアップ」にファイルが入っているので、

「ダウンロード」をクリックする。

 

【データベースのバックアップ】

・ジョブ名はわかりやすい名前を付ける。

・「ジョブタスク」は「データベースのバックアップ」と

「インストール済みプラグインリスト」を選択。

・バックアップファイルの作成は先ほどと同様の設定。

・「ジョブの開始方法」と「スケジューラタイプ」も同様。

・「スケジューラ」は毎日を選択。

・データベースのバックアップの設定の

「バックアップファイルの圧縮」は「GZip」を選択。

・「宛先:フォルダ」も先ほどと同様の設定。

 

【手動でバックアップ】

・ジョブの名前を、わかりやすく今日の日付などにする。

・「データベースのバックアップ」「ファイルのバックアップ」

「インストール済みプラグインリスト」を選択。

・「バックアップファイルの作成」は先ほどと同様の設定。

・データベースのバックアップの設定の

「バックアップファイルの圧縮」は「GZip」を選択。

・「ファイルを削除」は1で良い。

・「変更を保存」をクリックしてから動作確認&ダウンロードする。

 

 

《一言》

定期的にバックアップを取っておかないと、

何か不測の事態が起こってしまった時に痛い目に遭ってしまいます。

いざという時のために、

このようにバックアップをしっかり取っておけば一安心ですね。

実際にやってみるまでは、ちょっとややこしく感じるかもしれませんが、

動画の手順どおりに進めていけば、誰でも簡単に設定することができます。

設定した後は安心して記事をどんどん書いていきましょう。