Google自動ペナルティと手動ペナルティの原因についてと、

それらを解除する方法を説明しています。

レビュー:★★★☆

 

 

《ここがオススメ》

Googleペナルティの原因と解除方法がわかるのでオススメです。

 

 

《この動画の要約》

・Googleのペナルティには種類が二つある。

 

【自動ペナルティ】

・Googleのアルゴリズムが自動で課すペナルティの事。

(アルゴリズムとは検索順位を決めるシステムのようなもの。)

・検索順位が急落する。(-30、-50など)

・アクセスが激減する。

 

<原因>

・コピペの多用やコンテンツ不足。

・不自然な被リンク。

⇒リンクをもらうこと自体は悪い事ではないが、リンク効果だけを狙い、

 自作自演の不自然な量のリンクを送るとペナルティの対象になる。

・不自然なキーワードの詰込みなど。

 文章中に不自然なぐらいキーワードを多発すると、

 単に上位表示させたいだけの中身の薄い記事だと判断されてしまう。

 

<解除方法>

・違反している部分を訂正すると自動で解除される。

・厄介なのは通知がなく、突然順位が下がったりアクセスが激減する。

・自分であたりをつけて修正する必要がある。

⇒ウェブマスター用のガイドラインがあるので、

 それと照らし合わせながら、しっかり記事を見直す。

・Googleは毎年定期的にアルゴリズムを変える。

⇒ペンギンアップデート、パンダアップデートも

 自動ペナルティの一種と考えることもできる。

 

【手動ペナルティ】

・Googleの検索エンジン担当者が目視で直接課すペナルティのこと。

・自動ペナルティの場合は順位が下がるだけで済む事が多いが、

 手動ペナルティの場合は、かなりの確率でインデックスの削除により、

Sponsored Link

 記事が一気に圏外へと飛ばされてしまう。

・ペナルティを受けると、ウェブマスターツールに通知が届く。

 

<原因>

・オリジナルの価値が付加されていないコンテンツ。

⇒Googleとしては同じようなサイト、同じような記事が並んでいる

 検索エンジンは不愉快。

・Googleはオリジナリティの高いサイト、記事を評価する傾向にある。

・不自然なリンク。

・スパム行為など。

(アフィリエイトリンクだらけなどのユーザーにとって不愉快なサイト)

・ペナルティの基準は一切公開されていないので、

 自分が作ったサイト・記事とGoogleが評価しているサイト・記事の違いを

 自分で解決する必要がある。

 

<解除方法>

・問題の部分を修正してから、改良した証として、

 Googleに再審査リクエストを送信する。(30日以内に返信)

・再審査後、OKなら解除される。

・再審査は何度やっても問題ない。

・放置していても時間がたてば解除される。

・1回解除されてから、またペナルティを受けると、

 結構重いペナルティになる可能性が高い。

・サイトを長く運営していくのならしっかり問題個所を修正して。

 再審査リクエストを送信することを推奨する。

・トレンドアフィリエイトをやる上で、

 手動ペナルティが一番恐ろしいと言われている。

・多くのサイトが圏外に飛ばされた原因は、

 オリジナルの価値が付加されていない事にある。

・これからはトレンドアフィリエイトをする上で、

 どれだけオリジナルの価値を付加できるかが勝負になってくる。

 

 

《一言》

手動ペナルティは受けたいものではありませんが、

もしも受けてしまった場合は、そのままにせずに問題点を直しましょう。

オリジナリティの高い記事を作るための良いチャンスだと考えて、

サイトの改善に取り組んで、引き続き頑張っていきましょう。