Googleサーチコンソールの登録方法とリスクについて説明しています。


レビュー:★★★☆

 

 

《ここがオススメ》

Googleサーチコンソールの登録方法とリスクがわかるのでオススメです。

 

 

《この動画の要約》

Googleサーチコンソールの登録方法とリスクの説明。

 

【Googleサーチコンソールとは】

・少し前まではGoogleウェブマスターツールと呼ばれていたもので、

 Googleが提供しているサイト管理ツールのこと。

・自分のサイトをGoogleサーチコンソールに登録しておくことで、

 様々なデータを管理することができる。

 

【サーチコンソールの役割とは】

・サイトに不具合が異常があった時にお知らせしてくれる。

・Googleによる手動ペナルティを受けた時に知らせてくれる。

(ペナルティを受けた事を知るのと知らないのとでは、

 気の持ちようが違ってくるのでこの機能は大きい。)

・インデックスの促進(これが最大のメリットになる。)

 サイトマップを送信したり、Fetch as Googleを使うことで促進できる。

 Fetch as Googleはかなり使える機能なので大変便利。

・アクセス解析をすることができる。

 ただ、Googleが別で提供している「Googleアナリティクス」の方が優れている。

・自分のサイトにどれくらいのリンクが貼っているのかを確認できる。

 

【サーチコンソールのリスク】

・ペナルティーのリスクがある。

 Googleに自分のサイト情報を送っているので、

 何かペナルティ要素を含まれている場合には、リスクが高まってしまう。

Sponsored Link

・ただサーチコンソールに登録していなくても、ペナルティを受けることもある。

・サーチコンソールのアカウントに複数のサイトを登録すると、

 1つのサイトがペナルティを受けた時に他のサイトまで連動して

 ペナルティを受けてしまう事例がある。

⇒リスクを軽減するために、サーチコンソールを使うときは、

 Googleアカウントは1サイトごとに作ることを推奨。

・インデックス速度をそこまで気にしないのなら登録しないのもアリ。

 リスクとメリットをよく考えた上で、自己判断で選ぶようにする。

 

【サーチコンソールの登録方法】

・検索エンジンに「サーチコンソール」と入れてアクセスする。

・サイトのURLを貼りつけて、「プロパティを追加」をクリックする。

・「別の方法」をクリックして「HTMLタグ」にチェックする。

・文字列のコードをコピーする。

・登録したいサイトの管理画面に入り、

「外観」から「テーマの編集」をクリックする。

・「ヘッダー」をクリックする。

・<head>の下に文字列のコードを貼りつけて

「ファイルを更新」をクリックする。

・サーチコンソールに戻り、「確認」をクリックする。

・「続行」をクリックすると、管理画面に入る。

 

<検索トラフィック>

・アクセス解析や手動ペナルティが来ているかどうかを確認できる。

 

<クロール>

・インデックスの促進ができる。

 

 

《一言》

Googleサーチコンソールへの登録は難しいのかと思いきや、

実際にやってみるととても簡単にできます。

早く自分のサイトをインデックスさせたい人という人は、

登録しておくことをオススメします。