無料アプリのIyan3Dを使って、

iphoneだけで動画の3Dオープニングを作成する方法を説明しています。

レビュー:★★☆☆

 

 

《ここがオススメ》

Iyan3Dを使ったiphoneのみの3Dオープニングの作り方が

わかるのでオススメです。

 

 

《この動画の要約》

Iyan3Dを使った動画の3Dオープニングの作成方法の説明。

・無料の「Iyan3D」というアプリを使えば、

 iphoneのみで3Dオープニングができる。

 

【手順】

・「Iyan3D」を起動する。

・「NEW」で好きな名前を入力する。

・右下はプレビュー画面。

・太陽を動かして明るさ、影の調節をすることができる。

・「SAVE」でこまめにセーブしておくほうが良い。

 

<テキスト入力>

・「MENU」を開き、「TEXT」から、好きなテキストを入力。

(文字数は160文字まで入力することができる。)

・好きなフォントを下から選択する。

(丸みを帯びてないフォントのほうが編集時に重くならない。)

・テキストをタップすると、サイズを変更することができるので、

Sponsored Link

 カメラでプレビュー画面をチェックしながらサイズを調節する。

 

<アニメーションを選択>

・「MENU」を開き、「ANIMATE」を選択すると、

 いろいろな動きのアニメーションを選ぶことができる。

・「PLAY」をタップして動きを確認。

 

<背景の変更>

・背景を変更したい場合は、「MENU」の「IMAGES」を選択する。

・自分のカメラロールから好きなものを設定できるので、

 あらかじめ保存しておく。

・選択した背景の位置がテキストと被ってしまうと、上手く映らないので

 奥の方に配置して、サイズも調節する。(FRAMESは1から設定する。)

 

<保存>

・「MENU」から「VIDEO」を選択し、「NEXT」をタップする。

・右下の矢印からYOUTUBEにアップロードできる。

・そのアップロードした動画をカメラロールに保存する。

 

 

《一言》

カメラロールには直接保存することはできないようで、

操作も慣れるまではかなり難しいとの事ですが、

無料で3Dアニメーションの動画を作ることができるという点は素晴らしいですね。

しかもiphone単体で作成できるので、iphoneで動画を作ることに慣れている方は

是非チャレンジしてみてください。