動画のノイズを簡単に除去できるフリーソフト、

Audacityの使い方について説明しています。

レビュー:★★★☆

 

 

《ここがオススメ》

Audacityでの動画のノイズ除去の方法がわかるのでオススメです。

 

 

《この動画の要約》

Audacityでの動画のノイズ除去の説明。

 

・Audacityでiphoneなどで撮影した動画に入っている雑音を

簡単に取り除くことができる。

 

【ノイズ除去の手順】

・iphoneなどで撮影した動画から音声ファイルを抜き出す。

・Audacityを起動する。

参照:「無料音声録音ソフト、Audacityの使い方!」

・音声ファイルをドラッグ&ドロップで読み込む。

・警告というメッセージが出るが、気にせず「OK」をクリックする。

・波型になっている部分は実際に音声が入っている部分、

 波型になっていない無音の部分を選択する。

・画面上にある「エフェクト」をクリックして、「ノイズの除去」を選択する。

Sponsored Link

・「ノイズプロファイルの取得」をクリックして、

 選択した部分にノイズがあるという事をソフトに読み込ませる。

・ctrl+Aですべて選択する。

・再度、「エフェクト」から「ノイズの除去」を選択する。

・今度は「ノイズプロファイルの取得」ではなく、「OK」をクリックする。

・「ファイル」をクリックして「書き出し」を選択して、書き出す場所を選ぶ。

・「メタデータを編集」では細かい設定ができるが、

 ここでは何も設定せず、そのまま「OK」をクリックする。

 

【まとめ】

・動画編集時に音声ファイルを抜き出す。

・Audacityでノイズを除去する。

・ノイズを除去した音声ファイルを、あとから動画編集で合わせる。

(ノイズの入った音声ファイルは使わない。)

 

 

《一言》

ノイズの入ったものと、Audacityで除去したものを聞き比べると

全く違っていましたね。

ノイズを除去した音声ファイルのほうは、

とてもクリアで聞きやすくなっています。

ノイズが気になる時はAudacityを使って、簡単に除去してしまいましょう。