4つのアプリを使って、アンドロイドでゆっくり実況を

簡単に作る方法を説明しています。

レビュー:★★☆☆

 

 

《ここがオススメ》

Androidスマホだけでゆっくり実況を作る簡単なやり方がわかるので

オススメです。

 

 

《この動画の要約》

アンドロイドでゆっくり実況する方法の説明。

 

【準備するアプリ】

・kinemaster(Android用編集アプリ)

・Az Screen Recorder(操作画面を録画できるキャプチャアプリ)

・ゆっくり棒読みトーク

・MP3ビデオコンバーター(動画を音楽ファイルに変換するアプリ)

 

【手順】

・「ゆっくり棒読みトーク」を起動する。

・喋らせたい文字を入力して、動画を保存する。

・「MP3ビデオコンバーター」を起動する。

・先ほど保存した動画を選択して、「変換」をクリックする。

・「kinemaster」を起動する。

・動画や画像を選択する。

Sponsored Link

・「Az Screen Recorder」で撮った動画を編集する。(ここでは背景を使用。)

・「オーディオ」をクリックする。

・「フォルダ」→「Music」で先ほど作成したゆっくりの声を選択する。

・「レイヤー」をクリックして、事前にダウンロードしておいた立ち絵を入れる。

・BGMも事前にダウンロードしておくと入れることができる。

・あとは自由に編集して動画の完成。

kinemaster

・上の画像の赤丸部分をタップして、YOUTUBEにアップロードすれば完了。

 長い動画はアップロードに時間がかかるので注意。

 

 

《一言》

キネマスターの無料版はウォーターマークが入りますが、

有料版と同様の機能が使えます。

⇒参照:「アンドロイドだけで動画編集!キネマスターの基本的な使い方」