内部SEO対策で順位を上げる基本的な方法について説明しています。

レビュー:★★☆☆

 

 

《ここがオススメ》

内部SEO対策のやり方がわかるのでオススメです。

 

 

《この動画の要約》

内部SEO対策についての説明。

 

【内部SEOとは何か?】

⇒質の高いコンテンツを作ること。

 

<ドメイン>

・ドメインを設定する事で内部SEOに効果がある。

 

<テンプレート>

・テンプレートは家や店の外観、内装のようなもの。

・無料の物でも良いものはあるが、デザイン・SEO的にも有料のほうが良い。

 

<サイトと記事タイトル>

・狙ったキーワードをタイトルに入れることが必要。

 

<記事コンテンツ量>

・少ない量ではだめ。中身のないサイトだと思われる。

 

<サイトの更新頻度>

・毎日更新するのが理想だが、それが無理なら最低一週間に1回は更新する。

・更新されていないサイトはGoogleから評価されない。

 

<各種タグ>

・タグも重要なので、一つの記事に最低一つは設定する。

 

<滞在時間・離脱率>

・記事コンテンツの量と質を増やせば、自然と滞在時間は上がる。

Sponsored Link

 

<内部リンク>

・記事から別の記事にリンクを貼ること。蜘蛛の糸のようなもの。

 

【質の高いコンテンツの作り方】

<タイトルの設定方法>

・検索上位に行きたいキーワードを入れて、

 ユーザーの興味を引くタイトルにする。

 

<記事コンテンツ>
アイキャッチ画像や動画を入れる。

・文章だけだと離脱率が上がる。

 

文章構成(問題提起→解決案→根拠・事実→考察→感想)

・何も考えずに文章を作ると何が言いたいのかわからないので、構成を考える。

 

文章量を多くする。

・文章量が多いとSEO対策的にも評価されやすい。

・ただ、文章量は多いが中身が薄いコンテンツはダメ。

 

オリジナルの文章(自分の考えや経験)

・コピペやリライトではなく、必ず自分の言葉で書くこと。

・自分で考えた言葉は相手に響き、ファンが増える。

 

ユーザビリティを考える

・ユーザーの事をしっかり考え、専門用語や難解な言葉を使わない。

 

見出しをつけて見やすくする。

・本と同じで、記事の内容も見出しをつける方がわかりやすい。

 

 

《一言》

これらは基本的なことですが、大事なことですね。

ちゃんと出来ているかしっかり確認しましょう。

上位に表示されるように頑張ってください。