YOUTUBEアナリティクスの使い方を説明しています。

レビュー:★★☆☆

 

 

《ここがオススメ》

YOUTUBEアナリティクスの使い方がわかるのでオススメです。

 

 

《この動画の要約》

YOUTUBEアナリティクスの使い方の説明。

 

・YOUTUBEにログインした状態で、クリエイターツールを開く。

・左の「アナリティクス」をクリックする。

・「ユーザー層」をクリックする。

・「日本」をクリックする。

・視聴者の男女、年齢の比率がわかる。

 ここでは男性の視聴者が多く、男性は年齢層が高く、

 女性は男性に比べて年齢層が低いという事がわかった。

・「端末」をクリックする。

・パソコンと携帯の比率がわかる。

Sponsored Link

・「携帯電話」をクリックする。

 ここでは携帯電話のうちios(iphone)が6割以上あることがわかった。

・このように、すべてのOSでの利用率がわかる。

・上のグラフにあるバーを動かすと、長期的なトレンドも把握できる。

・利用者層や端末の比率は各コンテンツによって違う。

 

 

《一言》

YOUTUBEアナリティクスを確認すれば、

動画の再生時間や、視聴者維持率、ユーザー層、再生場所、

トラフィックソースなどの情報を知ることができます。

これらを確認することで、どのように動画を作っていけばいいか

ヒントを得ることができます。

たとえばユーザー層でどんな年齢層の人が多いのか確認して、

その人たちが視聴しやすい時間に動画をアップロードするなどの

工夫をすることもできます。

YOUTUBEアナリティクスを活用し、再生回数アップを図りましょう。