ゆっくりムービーメーカー3で、

ゆっくり素材の動かし方など使用方法の説明をしています。

レビュー:★★☆☆

 

 

《ここがオススメ》

立ち絵の動かし方、エコー、震え、カットの方法がわかるので

オススメです。

キャラ素材の入れ方などの基本的な設定方法は、

「ゆっくり実況動画の作り方!ゆっくりムービーメーカーを使って稼ごう!」

を参照してください。

 

《この動画の要約》

ゆっくりムービーメーカー3の使い方の説明。

 

【立ち絵の歩き】

・アイテム編集のキャラ絵素材ベースに「登場演出」があり、

「フェードイン」「ジャンプ」「変身」「歩いて移動」等がある。

(ここでは「歩いて移動」を説明。バーを5に合わせる。)

・「登場座標X」を立ち絵が画面から消えるまでバーを動かす。

(220程度にすると立ち絵が消える。)

・登場座標は右に動かすと右に動き、左に動かすと左から登場する。

Sponsored Link

(「登場座標Y」は上下に動かす時に使う。使い方はXと同じ)

・この時に登場座標Yが-20になっていると、まっすぐ進まずに

 微妙に下に行ってしまうので登場座標Yは0にする。

 

【エコー】

・エコーは声を響かせるためのもの。

・「エコー」にチェックを入れると大体普通の響きに設定されている。

・セリフを入力して、そのセリフをダブルクリックか右クリックすると、

 設定が現れるのでそこでエコーをつける。

・これ以上響かせたい場合は数字を50や60にすれば良い。

 

【震え】

・震えは高い数字にすると震えすぎてしまっておかしくなるので、

 1~5までで十分。

 

【カット】

・たとえば音声の半分のところで右クリックして、

「現在の位置から分割」を選択すれば、その部分から音が流れる。

 

 

《一言》

この動画の通りにやってみると、

立ち絵の移動演出などはマスター出来ると思います。

他にも色々な機能があるので、色々試してみて使いこなしてください。