無料画像編集ソフトGIMPの基本的な使い方を説明した動画です。

レビュー:★★☆☆

 

 

《ここがオススメ》

GIMPの簡単な使い方がわかるのでオススメです。

 

 

《この動画の要約》

GIMPの機能の説明。
窓の杜に行き、GIMPをインストールする。

 

【使い方】

・GIMPを起動する。

・左の「ツールボックス」で変形やブラシなど様々なツールを選ぶことができる。

・左上にある「ファイル」から「新しい画像」を選択する。

・キャンパスサイズを入力して、(ここでは1000×800ピクセル)

「OK」をクリックすると白いキャンパスができあがる。

・用意している画像をドラッグ&ドロップで入れる。

・レイヤーで重なっている状態なので、入れた画像のほうを選択すると、

 画像は文字などを入れられるが背景には入れることができない。

 逆に背景の方を選択すると、背景には入れられるが画像には入れられない。

・統合するためには、右の「レイヤー、チャンネル…」から画像を選択し、

 上にある「レイヤー」から「下のレイヤーを統合」を選択すれば良い。

 

<ツールボックスの使い方>

・上の方にあるツールは加工する範囲を選択したり、切り抜いたりできる。

・色の抽出、ズーム、移動(画像を画面上の好きな位置に動かせる)、

Sponsored Link

 画像の変形、テキストエディタ、消しゴムなど。

 

「回転」

回転ツールを選択して画像をクリックすると、バーを動かしたり数値を入れると、

自由に回転されることができる。「回転」をクリックすると確定。

 

「拡大・縮小」

拡大・縮小ツール→画像をクリックすると、画像で直接拡大・縮小できる。

数字を入れても拡大・縮小できる。横にあるチェーンマークを切り離すと、

縦横の比率が解除されて自由に拡大・縮小できる。

 

「剪断変形」

剪断変形ツール→画像をクリックすると、

画像を平行四辺形のように変形させることができる。

 

「遠近法」

遠近法ツール→画像をクリックすると、遠近感を持たせることができる。

 

「反転」

反転ツール→画像をクリックすると、画像の向きを逆に変えることができる。

 

「移動」

移動ツール→画像をクリックすると、画像を好きな位置に移動することができる。

 

「その他の機能」

線やスプレーで描いたり、色も自由に変えることができる。

 

 

《一言》

GIMPは無料で使えるのに有料並みの高機能なソフトです。

複数のレイヤーを使って画像を作成できるので、とても便利ですよ。

YOUTUBEのチャンネルアートをヘルプページのテンプレートを使って作る時も、

GIMMPならレイヤー機能があるので簡単に作れますね。

色々な機能を試してみて、画像づくりに役立ててください。