YOUTUBEでライブ配信するやり方を説明している動画です。

レビュー:★★★☆

 

 

《ここがオススメ》

YOUTUBEで生放送をするための

OBSの設定方法などがわかるのでオススメです。

 

 

《この動画の要約》

YOUTUBEで生放送をする方法についての説明。

 

【パソコンの性能について】

YOUTUBEライブはその場でエンコードするのでCPUが重要。

 

<CPUの種類>

・Xeon(企業向けの高価格CPU)

・Core i7(高機能&高価格CPU)

・Core i5(一般向けの高機能なCPU)

・Core 2 Quad(i7の前に主流だったCPU)

・Core i3(価格も性能も標準のCPU)

・Core 2 Duo(i5とQuadの前に主流)

・Pentium(i3より低機能&低価格)

・Celeron(かなり機能を抑えた廉価版)

・Atom(性能と消費電力がもっとも低いCPU)

・生放送をするにあたって、Xeon、Core i7、Core i5は欲しいところ。

・Core i3になると設定をかなり下げないと放送できない上に、

放送できたとしてもカクカクの映像になる。

・Core 2からは映像は放送できない、音声と画像のみなら頑張ったらできるかも?

 

【OBSのインストール】

Open Broadcaster Softwareをインストールする。

(動画とは仕様が変わっていますが、左のGet OBS Classic 0.xxxの下にある

「windows7/8/10」をクリックすればインストールできるようです。)

・インストールしたら画面は開いたままにしておく。

 

【YOUTUBEとOBSの設定方法】

・生放送したいYOUTUBEアカウントのマイチャンネルを開いて、

「動画の管理」をクリックする。

・「チャンネル」を開き、ライブ機能を有効にする。

(有効にするにはアカウントの確認が必要。)

Sponsored Link

・「動画の管理」に戻り、「ライブイベント」をクリックする。

・「新しいイベントのスケジュールを設定」をクリックする。

・編集画面に飛ぶので開始時刻や終了時刻を設定する。

・サムネイルと動画のビットレートを選択する。

ここでは720pを選択。

 

・OBSのメイン画面から「設定」→「ビデオ」タブをクリックする。

・「配信映像」を1280×720にする。

 

・YOUTUBEの設定画面に戻り、「エンコーダの選択」を

「その他のエンコーダ」にする。(OBSはその他に含まれる。)

・「ストリーム名」をコピーする。

 

・OBSの「設定」→「放送設定」をクリックし、

「サービス」をyoutubeに設定する。

・「プレイパス/ストリームキー」にコピーしたものを貼り付ける。

(ストリーム名は毎回変わるのでその都度新しいものを貼り付ける。)

・「キーフレームを2秒に設定してください」等と出てきたら、

「詳細設定」でキーフレーム間隔を2秒にする。

 

・YOUTUBEに戻り、「ライブコントロールルーム」をクリックする。

 

・OBSの「ソース」を右クリックで画像等を映しておく。

・「配信開始」をクリックしたら、YOUTUBEの「プレビュー」をクリックする。

・「良好」と出れば画質も良い。再度「プレビュー」をクリックする。

・しばらく待った後、「ストリーミングを開始」をクリックして、

「OK」を選択すると生放送開始。

・放送を終了したいときは、「ストリーミングを停止」をクリックして、

OBSのほうも「配信停止」をクリックする。

 

 

 

《一言》

YOUTUBEでゲーム実況などの生放送を配信したい人も

この動画の手順通り進めていけば、

OBSとYOUTUBE両方の設定方法がわかると思います。

生放送を配信した後は自動でアップロードされ、

期限なしで動画として残るので収入が続きますね。