動画のモザイクの入れ方について、

フリーソフトのaviutilを使って説明している動画です。

レビュー:★★☆☆

 

 

《ここがオススメ》

aviutilを使った動画のモザイクの入れ方がわかるのでオススメです。

参考:
動画編集ソフト「Aviutl」のインストール方法と使い方!

 

 

《この動画の要約》

aviutilを使った動画のモザイクの入れ方の説明。

 

・aviutilを起動して動画を入れる。

・右クリックして、「フィルタオブジェクトの追加」から

「部分フィルタ」を選択する。

・部分フィルタの長さを動画の長さ(モザイクをかけたい長さ)に合わせる。

・部分フィルタウィンドウの右上にある「+」をクリックして、

「単色化」を選択する。

Sponsored Link

・ここでは見やすくするため一時的に「色の設定」から赤色を選択する。

・「サイズ」や「縦横比」で大きさを調整する。

・「+」をクリックして「モザイク」を選択する。

・Xボタンをクリックして「直線移動」を選択する。

・動画を進めていきながら、赤い四角からはみ出たら、

「部分フィルタ」で右クリック→「中間地点を追加」で四角の位置を合わせる。

 はみ出るたびにこの作業を繰り返しながら位置を合わせていく。

・繰り返し作業が終わったら、右端にある単色化の✔をクリックして解除する。

・再生して確認できたら完成。

 

 

《一言》

出かけた時に撮った動画をYOUTUBEに投稿したくても、

他人が動画の中に映り込んでいたら、肖像権の問題があるので投稿できない・・・

そんな時はこの方法でモザイクをかけてください。

動画を見ながら同じように進めていけば、誰でもモザイクがかけられるはずです。