無料動画編集ソフトのAviutl本体とプラグインを導入して、

編集する方法を説明している動画です。

レビュー:★★★☆

 

 

《ここがオススメ》

AviUtlを使って編集する方法が

わかりやすく解説されているのでオススメです。

 

 

《この動画の要約》

AviUtlのインストールと編集方法の説明。

 

【AviUtl本体とプラグインのダウンロード】

・「AviUtl」で検索し、「AviUtlのお部屋」と言うサイトに入る。

・AviUtl本体をダウンロードして名前を付けて保存する。

・続いて下の「拡張編集Plugin」をダウンロードする。

・保存出来たら、AviUtlを展開して起動する。

 

【AviUtlのインストール方法】

・AviUtlのファイルとPluginのファイルを開く。

・Pluginの中身をすべてAviUtlのファイルに移動させる。

こうする事によって字幕や効果音などを付けることができるようになる。

・「設定」に「拡張編集」と言う機能が追加される。

Sponsored Link

 

【動画を作る】

・「拡張編集」をクリックすると拡張編集タイムラインが現れる。

・タイムライン上で右クリック→「新規プロジェクトを作る」を

クリックして、ウィンドウが黒くなれば準備完了。

・またライムライン上で右クリックして、

「メディアオブジェクトの追加」から動画ファイル・画像ファイル・

音声ファイル・テキストなどが追加できるので、

サイトから入手するなどして各自あらかじめ用意しておく。

 

【字幕を入れる】

・「メディアオブジェクトの追加」から「テキスト」をクリック後、

「テキスト[標準描画]」の下の空欄に、入れたい文字を入力する。

・空欄の上のプルダウンからフォントを選べるが、

文字化けする物もあるので注意。

・その他、拡大率やサイズ、回転率なども変更できる。

・右上の「+」をクリック→色々な装飾機能を使う事ができる。

 

 

《一言》

AviUtlは本体だけでは使える機能が限られていますが、

本体にプラグインを入れることで、

タイムライン編集ができるようになるので高度な動画を作れます。

AviUtlの編集機能を駆使して良質な動画を作っていきましょう。