YOUTUBE広告の種類と単価について説明しています。

レビュー:★★☆☆

 

 

《ここがオススメ》

YOUTUBE広告の種類と単価についてわかるのでオススメです。

 

 

《この動画の要約》

YOUTUBEアドセンス広告と単価についての説明。

 

【インストリーム広告】

・動画の前に配信される広告のこと。

・CMが流れている間に画面をクリックさせることができれば、

 もしくは30秒間視聴してもらうことができれば、報酬が発生する。

・テレビの影響でCMがあるのが当たり前に思われているのか、

 CMが好きな方が多いのかどうかは定かではないが、

 結構クリック率や視聴率が高い。

 

【ディスプレイ広告】

・ブログのような形で、画面右上にある広告。

・クリック率はそんなに高くはない。

Sponsored Link

 その理由は、動画を集中して視聴しているので、

 この広告にはあまり目が行かないのが原因。

 

【invideo広告】

・動画の中にある横長の広告。

・×ボタンで削除できるので消されるケースが多い。

・動画によっては適切な広告が出るので、無視できない広告でもある。

 

【広告収入の単価】

・大体4~10円ぐらい。

 広告主が人材派遣や金融関係の場合は、広告単価が数百円のものもあるが

 表示されるタイミングはわからないので考える必要はない。

・広告単価は動画コンテンツの質にもよるので、

 まずはしっかりとした動画を作ることを意識する。

 

 

《一言》

広告の単価や種類は気になるところだと思いますが、

やはりYOUTUBEで稼げるようになるには、

視聴者に喜んでもらえるような動画を作って登録者を増やし、

再生回数を伸ばしていくことが大事です。

頑張って質の高い動画を作っていきましょう!